学生による学生のためのデータサイエンス勉強会

GitHubを使ってみよう!!

https://bdarc.net/wp-content/uploads/2020/05/icon-1.pnghistoroid

今日はGitHubのアカウントを作って、ちょっとだけ使ってみましょう。

GitHubを使ってみよう!!

初心者プログラマにはよくわからない存在であるGitHubですが、便利なのでちょっと使ってみましょう。

GitHubでアカウントを作成する。

まずはGitHubのウェブページに行きましょう。

右上のサインアップをクリック。

まずはUsername, Email, Passwordを登録してアカウントを作りましょう。

Verifyのために画像認証を行います。検証完了したら、Join a free planをクリック。

ここでGitHub側からちょっとした質問がきますが、さっと答えてしまいましょう。

この段階で認証メールが届きます。メールからVerifyすればOKです。

この画面になったらOKです。

Create a repositoryボタンでリポジトリを作りましょう。

新しいリポジトリを作ろう

さきほどの画面でCreate a repositoryをクリックすると、画面が切り替わります。

リポジトリとは、フォルダのことです。そこにファイルをまとめておきます。

Repository nameは何でもよいので、とりあえずmy-first-repoにしておきます。

Descriptionはそのリポジトリの説明です。例えば「練習用のリポジトリ」と書きます。

リポジトリの属性はPublicで構いません。世界中のひとが閲覧可能になりますので、個人情報や何かのパスワードを載せたりしないように注意しましょう。

そしてInitialize this repository with a READMEにチェック入れて、Create repositoryをクリック。

すると画面が切り替わります。

READMEを編集しよう

切り替わった画面がこちらです。READMEの中身ですね。

README.mdは、マークダウン形式のテキストファイルです。

プログラミング初心者には見慣れない拡張子かもしれませんが、単なるテキストファイルなのでビビらなくて大丈夫です。

Edit this fileでREADME.mdを編集できます。

READMEに限らず、例えばPythonファイルでもGitHub上で編集できますし、編集した履歴も保存されます。

しかしGitHub上で編集してもあまり旨味はありません。自分のPCで編集した結果をGitHub上にあるファイルに反映させるから便利なのです。

ちょっと書き加えましょう。シャープ記号が見出しを表しています。シャープ1つだけならタイトル、2つなら大見出し、3つなら小見出しという感じです。

Commit changesのところには、どんな変更を加えたのかメモします。今回は「見出しを追加した」くらいでよいでしょう。

コミットというのは、変更を反映させることです。逆に言えば、コミットしないとせっかく書き加えても保存されません。

Source Treeを使おう

GitHubというと、黒い画面でGitコマンドを打つべし、みたいなことを考えてしまいますが、最初はソフトの力を借りましょう。

まだまだ用語にも慣れていないし、どういうふうにファイルの変更履歴が保存されていくかもわかっていませんよね。

そんな状態でコマンドラインツールを使っても頭に入らないのです。導入は簡単に済ませましょう。

アカウント作成

Source Treeのウェブページにいって、インストーラをダウンロードしてください。

これは「Bitbucketってサービスも使ってね」ということが書いてあります。続行をクリックして先に進みましょう。

グローバル作成者のところは特に設定しなくてOKです。

まずリモートを選んでください。リモートというのはGitHubにあるリポジトリのことです。

このあたりは個人によって違うので、自分の好きなように設定してください。

ソースURLのところはGitHub上のリポジトリのURLを入力してください。

GitHub上の自分のアカウントへ行って、さきほど作ったリポジトリに入ってください。

そこでCodeを押すと、そのリポジトリのURLが表示されます。これをコピーして、Source Tree上のソースURLへペーストしてください。

すると画面が変わって、自分の指定したフォルダとGitHub上のmy-first-repoがつながりました。

ローカルファイルの編集

ではここで、README.mdをまた編集してみましょう。

指定したフォルダにはすでにREADME.mdフォルダが入っているはずです。これをテキストエディタで開いてください。

こんな感じに書き加えました。

するとSource Tree上にも変化があります。

「変更をコミットします」とありますね。これはつまり今加えた変更をGitHub上に反映させるという意味です。

ではコミットをクリック。

GitHubの仕組み上、変更を加えたひとの名前とアドレスが必要になります。入力しておきましょう。

下にはコメントを書く欄があります。「ローカルで編集する練習」とでも書いておいてください。コミットをクリック。

変更内容をGitHubへ送る

実はまだGitHub上には変更履歴を送っていません。

コミットをクリックした段階でSource Treeに新しい変化が起こります。

プッシュのところに通知がありますね。

プッシュしてはじめてGitHub上に変更履歴が飛びます。プッシュしちゃいましょう。

色々訊かれてる感じですが、このままOKです。

ここでGitHubを見てみましょう。ページを更新してみるとなんと!

ちゃんとローカルでの変更がGitHub上に反映されていることがわかります。

すごいですね!!

これで自分のPCで加えた変更がWeb上にあるファイルに反映されました。


今日はここまで!!ほんとに序の口ですが、自分のPCで変更した結果をGitHub上に反映させることができるようになりました。

これでWordやExcelも同じように保存することができます。これだけでも大学生には十分ではないでしょうか。

では次回はもう少し詳しい使い方を紹介したいと思います。

https://bdarc.net/wp-content/uploads/2020/05/icon-1.pnghistoroid

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です