学生による学生のためのプログラミング学習サイト

【GitHub】GistでJupyterノートブックを共有しよう。

Jupyterでデータ解析を行い、キレイなグラフを描いたとしても、Jupyterを使えない人と共有することは難しいですよね。

Jupyterのノートブックをそのまま人にあげても、実行しなければ結果を見ることはできません。

GitHubにはGistというサービスがあります。Gistによって、Jupyterの実行結果を他の人に見せることができるようになります。

Gistはどんなサービスか

1つのファイルや1つのコードなどをバージョン管理するサービスです。

「GitHubと何が違うんだ?」と思うかもしれません。

GitHubはリポジトリ(フォルダ)ごとバージョン管理されています。その中にコードや画像がすべて収められています。

それに対してGistは1つのファイルを共有するためのものです。「ちょっとここだけ見せたい」というときに活躍します。

Gistを見てみよう

では試しに私のGistを見てみましょう。

https://gist.github.com/historoid/8bc36422b8b5b630b4175a9b1ae8c718 を見てみましょう。

Gistの確認のために作ったページを見ることができます。

Google ColabでGistを保存する

私たちの勉強会ではGoogle Colabを使っています。

まずはGoogle ColabからGistを保存してみましょう。

簡単ですね。「ファイル」→「コピーをGitHub Gistとして保存」をクリックするだけです。

これであなたのアカウントに実行結果も表示されたノートブックが保存されました。

あとはGistのリンクを相手に送れば、非エンジニアでもあなたのノートブックを簡単に見ることができます


今回はGistについてごく簡単に紹介しました。

MarkdownやJupyterで書いたものをソースコードそのものではなく、表示された結果を共有したいときにGistはとても便利です。

もしプログラミングがわからない人にJupyterノートブックを見せたいときにはGistを活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です