学生による学生のためのデータサイエンス勉強会

Python×Atom環境構築④ Atomのインストール

 

 windonsマシンでAtomエディタを用いてゼロからpythonを動かすまでの説明です。

第2回目はAnacondaを用いて仮想環境の設定を行います。

Python×Atom環境構築① Anaconda3のインストール方法 Python×Atom環境構築②  仮想環境の設定 Python×Atom環境構築③  環境変数の設定

Atomとは

 Atomは拡張性の高いシンプルなテキストエディタです。
 難しい設定なしに、初めからPythonのシンタックスハイライトを利用できます。その他にもHTMLやJavascriptなども使えます。パッケージを入れることで様々な言語に対応可能です。

 通常テキストエディタではコードの実行はできませんが、Atomではデバックと実行ができるパッケージ(atom-runner)があるので、今回はその導入を行います。

Atomのインストール

 まず、Atomの公式サイトに行きましょう。

 こちらの超シャレオツなサイトからAtomをダウンロードして下さい。

 この画面が出たら「実行」を押して下さい。
 あとは適当に「OK」を押せば、最終的にAtomが立ち上がります。

Atomの設定

 Atom-runnerの設定をおこないます。

FileタブからSettingを開きます。

すると、次の画面に遷移します。

 「Install」を選び、検索窓に「Atom-runner」と入力します。

一番上に出てきますので、「Install」を押して下さい。

Pythonを走らせてみる

 これでPythonスクリプトが実行可能になりました。試しにHollo worldをしてみます。 
 Atom-runnerでは任意の範囲を選んで実行することができます。print文を選んで「Alt + r」を押すと、出力が出ます。

 上手くいきました。

参考文献

参考 【Win10】Anacondaを利用したPython環境構築メモhttps://qiita.com/yuna-s/items/55b2eda97796a2d1b401 参考 Anaconda で Python 環境をインストールするhttps://qiita.com/t2y/items/2a3eb58103e85d8064b6 参考 Anaconda仮想環境でcondaコマンドが使用できないhttps://qiita.com/hiwamawaru/items/4b031526fcdeb60bd14d

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です