学生による学生のためのデータサイエンス勉強会

【WordPress】ユーザー登録してWordPressをはじめよう。

BDA学生勉強会に参加している人はユーザー登録してください。日々の勉強内容をブログとして書いていきましょう。

WordPressでは書いた人(Author)で検索できます。このブログに書いた内容は自分の経歴として公開することができます。

* ユーザー側から登録を行うには、管理者がそのように設定する必要があります。初期設定では管理者が自分で指定したユーザーを登録する必要があります。

まずはユーザー登録しましょう。

https://bdarc.netにアクセスします(これを見ている時点でアクセスしてますけど)。

ウェブページの初期画面

これがアクセスしたときに見える画面です。まだ殺風景ですが、これからカスタマイズしていきますので、しばしお待ち下さい。

次にサイドバーの右下にある「登録」ボタンを押しましょう。

ユーザー名とメールアドレスを入力しましょう。

ここで入力したユーザー名は変更できませんが、ブログ上に表示されるユーザー名は別に登録できます。これはまたあとで。

ユーザー登録のためのメールが届きます。

このようなメールが届きます。指定されたURLにいきましょう。

このパスワードをコピーしておいてください。「パスワードをリセット」を押すと、コピーしたパスワードが現在のパスワードになります。

ログインボタンを押して、ユーザー名と先ほどコピーしたパスワードを入力してください。

無事にログインできたら、このような画面が表示されます。

プロフィールを変更しましょう。

プロフィールを書くと、記事の下に「この記事を書いた人」の欄が現れます。せっかく書いたものは自分の資産として提示できるようにしておきましょう。

まずはニックネームを変更してください。

「ブログ上の表示名」が公開される名前です。名字程度に留めておくのが良いでしょう。

ただし誰かもわからないニックネームでは、それが自分の記事であることを証明できません。学籍番号などはその典型です。自分の記事であることを示せる名前をつけてください。

SNSのURLを入力しておくことも良いことです。

プロフィール情報には自分自身の学習目標などを入力しておくと良いです。

Gravaterにプロフィール画像を登録することもおすすめです。Gravaterは様々なサイトに採用されており、ここにプロフィール画像を登録しておけば、Gravaterでの変更が複数サイトに適応されます。

プロフィール情報やプロフィール画像は自分自身のブランディングに関わります。テキトーに済ませても良いですが、就職活動等でブログを活用したい場合には疎かにできません。

最後に「プロフィールを更新」を押して完了です。

これでひとまず終了です。このあとWordPress管理者(清野)がユーザーの権限を変更します。そうすることで新規登録ユーザーはブログの投稿を行うことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です